マーケティングツールを選ぶ前に比較することが大切

月曜日, 10月 23, 2017 0:00
Categoria: 未分類

マーケティングツールは今ではたくさんあるので、選ぶのが難しいと感じている人も多いでしょう。選ぶ前には気をつけなければならないことがあります。
○目的を決めたら次は比較検討
まず大前提として、「目的を明確にする事」が大事です。そしてその目的を達成してくれるツールを探すのです。この時重要になってくるのが、一つ選ぶ前に複数のツールを「比較すること」です。
一つのツールだけで判断するのではなく、いくつかのマーケティングツールを見て比較検討した上で選ぶことが重要です。
○最低でも5つのマーケティングツールを比較する
現在はどのマーケティングツールも複数あります。勿論ライバルの多いジャンルで全部のマーケティングツールを比較するのは無謀ですが、少なくとも5つのマーケティングツールくらいは比較してみるといいでしょう。
5つほどのマーケティングツールのwebサイトをリサーチする、営業マンの話しを聞くなどすると、ポイントが見えてきて選びやすくなるでしょう。
○比較した上で最良のツールを
例えばソーシャルマーケティングにおいて、「複数のソーシャルメディアで投稿するのを効率化する」というのが目的だとすれば、このようなジャンルのツールではフェースブックやツイッターだけに対応しているものをチョイスします。コストは高くなってしまいますが、PinterestやInstagramのように海外でも人気のSNSまで対応しているツールもあります。
自社がまだSNSでのマーケティング初心者であれば、フェースブックとツイッターだけでも十分でしょう。
このように、マーケティングツールは必ずどのジャンルもピンキリなので、きちんと比較して最良のマーケティングツールを選んでくださいね。http://www.listeningmind.com/マーケティングツール/

SEO対策をする上での心がけ4点

月曜日, 9月 18, 2017 0:00
Categoria: 未分類

SEO対策にはポイントがいくつかあります。その中でも重要なポイントを4つご紹介していくので、SEO対策をする上で心がけてみてください。
○毎日SEOの最新情報をチェックすること
Google Central Blogを毎日チェックしていれば、SEOについての最新情報を取り入れることができます。この時間はSEOの知識の更新になるので、毎日チェックしておくといいでしょう。
○グーグルを超える事はできない
残念ながらGoogleを出し抜くことはできません。
Googleには世界中から優秀な技術者が集まっているので、もしもGoogleアルゴリズムの隙をつくようなアイディアを思いついたとしても、Googleの技術者もそれをお見通しです。
○ソーシャル上でのシェアを目指す事
高望みするのであれば、Twitterでリツイートされる、Facebookでシェアされる事です。そのためにも、ユーザーがソーシャル上でシェアしてくれるような優良なコンテンツを提供しなければなりません。
○短期ではなく長期マラソンとして考えよう
SEO対策をするなら、すぐに効果を求めないようにしましょう。
SEOのイメージとしては、短距離走ではなく長距離走だからです。
すぐに結果が出ないからといって焦る必要もありません。
しっかり時間をかけてリアルなプランを作成し、進めていきましょう。SEOチェックでサイト構造を確認します。非常に大事

SEO対策で重要な「キーワード決定」とは?

月曜日, 9月 11, 2017 0:00
Categoria: 未分類

みなさん、こんにちは。今回はSEO対策で重要なポイント、中でも「キーワードを決める」ということについて話していきたいと思います。
より詳しく言うと、“どのような検索キーワードで自社のホームページを表示させたいのかを決めていくこと”ということになります。ここでは、お客さんの気持ちになり変って検討していくことが大切になります。さらに、よほど有名な企業やお店、それに商品でない限り、企業名、店舗名、商品名では検索されないので、その周辺にありそうなキーワードを列挙していきましょう。ただし、例えば「ダイエット」などのキーワードは非常に多くの企業、店舗、商品で使われているため上位表示はされにくくなります。「ダイエット+○○」など、組み合わせによってそれが上位表示される可能性があるか探ることも重要になります。このように、競合するサイトのSEO対策が強すぎる場合、「SEO難易度が高い」というような言い方をします。
こうした際は、無料のキーワード難易度チェックツールなどを用いて調べてみるとよいでしょう。
キーワード決定には無料ツールを使ってみましょう

データに基づいたマーケティング分析が主流

日曜日, 9月 3, 2017 0:00
Categoria: 未分類

マーケティングには分析していく作業が求められますが、その分析は、データに基づいて実践していく事ができます。
○マーケティング分析に必要なものは?
マーケティング分析に必要なのは、顧客に関する情報と取引履歴情報がわかるデータマートやデータウェアハウス、そしてデータを分析し、売れ筋商品を見つけるための「分析環境」です。
現代は情報技術が進んでいるため、顧客情報のデータベース化と分析する技術が発展してきています。そのためこれまでよりも一層一般化、実用化してきていて、費用も安く済む事からも、データ分析をメインとしたマーケティングが基本になってきました。
○データ分析する事でマーケティングがうまくいく?
データマイニングの代表でもあるデータ分析を行う事によって、蓄積された取引情報や顧客の情報から、的確に顧客のニーズや商品のニーズ、顧客の行動パターンを引き出す事が可能となります。
そしてこのようなパターンをグループ化してキャンペーンしていけば、より良い効果が得られるのです。

オウンドメディアの目的とは

日曜日, 8月 27, 2017 0:00
Categoria: 未分類

皆さんこんにちは。今日は「オウンドメディア」のお話です。
最近「オウンドメディア」という言葉をよく耳にしますよね。オウンドメディアとは、雑誌や雑誌などの媒体ではなく、自社で運営するwebサイトの事です。シンプルに言えば、自社サイトがオウンドメディアのことです。
○オウンドメディアって?その役割について
オウンドメディアは企業のサービスや商品をアピールし、企業の知名度を高めていき、ビジネスに生かしていきます。近年はインターネットユーザーが増えているので、広告による企業宣伝よりも、webによる広告、マーケティングの方が企業の認知度を上げるのに圧倒的に有利です。そのためにもオウンドメディアが役立つのです。広告効果を上げていくためにも、オウンドメディアがあるのです。
○オウンドメディアを行う目的とは
オウンドメディアの目的には、以下のようなものがあります。
・ユーザーとの接触をはかり、関係を密にすること
・売上増加とブランドイメージを構築すること
・自社サービスの情報を提供することオウンドメディアに必要なキーワード選定についてはこちら

SEOの概念とは

日曜日, 8月 20, 2017 0:00
Categoria: 未分類

「SEO」を日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。サイト制作するにあたっては、グーグルなどの検索エンジンを使って情報を探しているユーザーに、的確な情報を伝える事が目的ですが、上位に表示されるのにふさわしいコンテンツ制作がその分求められます。
○サイトの露出を増やしていく
せっかく良質な情報を盛り込んだサイトでも、上位に出てこなければユーザーの目になかなか留まりません。この他にも、サイト構造を最適化して、被リンクの構築を行う事により、コンテンツ上位を目指してサイトの露出を目指していきます。これがSEOの概念です。
○上位に表示されなければ気付いてもらえない→だからこそSEO対策を
あなたがインターネットで何かキーワードを入れて検索しようとすると、検索結果にはおびただしい数の関連サイトが出てきますよね。
しかし実際にあなたの目に留まるのは、上位に表示されている5件あたりではないでしょうか。下位までじっくりチェックする人の方が少ないと予想できます。これは要するに、もしもあなたが自社サイトをアップしていても、検索結果が極めて低い一ところにあれば、
ユーザーがあなたのサイトにアクセスする見込みは極めて低いという事を示唆しています。
あなたが構築した自社サイトへ多くのユーザーを導くためにも、SEO対策が必要なのです。SEOの基本はキーワード選定から

検索エンジン最適化の考え方とは

土曜日, 8月 12, 2017 0:00
Categoria: 未分類

皆さんこんにちは。今日は検索エンジン最適化の概念についてご説明していきます。検索エンジン最適化においては、検索の向こう側にいる人の事をよく考えて行っていく事が大切です。検索エンジンを使用するのも人間であり、HPやブログなどを立ち上げているのも人間です。検索エンジン最適化を、検索エンジンの技術的な観点だけでとらえないようにしましょう。今回は、HP利用
まずは検索エンジン最適化の基本的な考え方について学習していきます。
○検索エンジンではなく「人」に対して最適化する
検索エンジン最適化とは、HPの集客施策の一つでもあります。検索エンジン最適化で大事なのは、実際に検索エンジンを活用している人間をイメージして最適な状態にする事です。検索エンジンを使っている「人間」に対して最適化すると考えた方が適切でしょう。
○ユーザーを基点として考える
ネットユーザーがネットで検索するのは、根底に「知りたい!」という意思があるからです。このような利用者のニーズに寄り添い、どうしたらいいか考えながらHPを改善していくといいでしょう。利用者がどのような言葉で検索し、そのページにたどり着いたのか、その要望を満たすようなコンテンツがちゃんと提供できているか、そもそもそのページは見つけやすい状態かどうかなど、検索エンジンの裏側で、実際のユーザーを軸として対策していくのが検索エンジン最適化の考え方です。どんなキーワードを使ってえくかも考えて行きます。それが利用者のニーズでもあるからです。キーワード選定

マーケティングツールでできる事とは

土曜日, 8月 5, 2017 0:00
Categoria: 未分類

IT技術が発達した事により、企業のマーケティング活動において、業務を自動化するための様々なマーケティングツールが出てきました。マーケティングツールを使う事によって、
業務効率化や生産性が高まり、利益の向上が見込めると言われています。
○マーケティングツールでできる事
・ソーシャルメディアとの連携
・見込客情報の収集
・コンテンツの自動最適化
・メールマーケティングの自動化
・コンバージョンキャンペーンページの閲覧などの効果測定
・リードのオンラインの行動追跡
上記で挙げたのは例であり、本来マーケティングツールごとに期待できる効果は異なります。導入の成果を得るためにも、まずはマーケティングツールの利用目的をハッキリさせなければいけません。
○マーケティングツールの効果を最大限に高めていくには
マーケティングツールの効果を最大限に高めるためにも、セールスマーケティングのプロセスに適した機能を持つマーケティングツールを、適切に利用していかなければいけません。全ての機能を一つにまとめてワンストップ型のツールにもできますが、分離型の専門のツールと比較してみると、それぞれの機能が劣っている事もあります。自社のマーケティングアプローチでどの部分を強化していきたいのか、予算や人的ソースも考慮して優先順位を決め、それに合わせて効果を発揮できるマーケティングツールを選ぶといいのです。
オウンドメディアマーケティングはじ実際どういうものか

マーケティングで3C分析導入がすすめられるワケとは

日曜日, 7月 30, 2017 0:00
Categoria: 未分類

マーケティングではどうして3C分析を導入するのか
マーケティングでよく耳にする用語の中に、「3C分析」というのがあります。これを取り入れる理由には何があるのでしょうか。実は3C分析を導入する理由は様々です。
○様々なシーンで応用される3C分析
3C分析は事業部レベルや製品単位、企業レベルなど、様々なレベルで用いられている分析法です。市場に対する自社の戦略を再定義するためにも、3C分析はビジネス環境分析の一環として考えられます。新たな市場への新規参入や撤退の検討にも、3C分析は使われます。事業のあらゆるシーンにおいて、戦略策定の場面によく使われているのです。
○マーケティングで3C分析が優位になるワケとは
3C分析は、ビジネスする上でビジネス環境を分析していくためのプロセスです。顧客や市場、競合、自社のそれぞれの頭文字をとった3C分析としてのフレームワークなので、3C分析する事によって、事業を行うビジネス環境として成功要因を導き出せるので、マーケティングに有利なのです。ネットにおけるマーケティングではトリプルメディアも見ておきましょう。

“検索エンジン最適化でまずやるべきこと

日曜日, 7月 23, 2017 0:00
Categoria: 未分類

検索エンジン最適化というと、少し難しく感じるでしょうが、グーグルが公開しているドキュメントを読んでみれば、サイト運営者が行うべき基本的なSEO対策について理解できるでしょう。それでは、実際に検索エンジン最適化をスタートする際に必要な事を考えていきます。
○適切なページタイトルをつける
まずはタイトルづけが肝心です。タイトルタグを使って、ページのタイトルを宣伝していきます。タイトルをつけるためには、以下のようなポイントに気をつけましょう。
・簡潔でわかりやすいタイトルをつける
・各ページに固有のタイトルをつける
・ページの内容を適切に記載する
上記の3点を絞って、ユーザーやグーグルクローラが、このページにはいったいどんな事が書かれているのか瞬時にわかるような適切なタイトル作りが求められるのです。ページの概要を説明する部分は「ディスクリプション」と呼ばれ、タイトルと共に検索結果で表示されるので重要です。検索結果で上がってくるタイトルやディスクリプションは、サイトの看板にあたる部分なのでとても大切です。ユーザーを第一に考える事が、グーグルの理念からすれば何より先に取り上げられています。ターゲットを定めたら、一番はじめに
行うべき事はwebサイトのサイトマップをチェックし、それぞれのページがどのようなキーワードで上位表示できるのか考慮していく事です。
1ページについて1~3キーワードまでが目安です。