マーケティングツールを使う前に知ってやっておくべきこと

金曜日, 11月 17, 2017 0:00

マーケティングツールを使うとメリットや効果が期待できるとうのは、はすでに分かっている方も多いでしょう。
しかし単純にマーケティングツールを使ったからといって、すぐに自社のメディアが成功するというわけではありません。
たとえ高機能なマーケティングツールであっても全ての業務が効率化されて、常に最適な結果をもたらしてくれるとは限りません。
少なくともそのようなツールを導入する前に、企業として考えなければならないことがあります。
そこで今回は、企業全体として、マーケティングツールを導入する前にやっておくべきことをまとめてみました。
○ターゲットを特定すること
マーケティング業界では、「ペルソナ」とい用語をよく聞きます。
ペルソナとは、自社の商品やサービスを提供する相手のイメージの事を指していますが、
もっと厳密にいうと、イメージの象徴的なユーザーモデルの事でもあります。
マーケティングツールというのは、そのようなペルソナに対して効果的なアプローチをするための方法なので、企業はまずは自分たちの顧客となり得るのはどのような人なのか?といった事を明らかにする必要があります。
これは一見シンプルに聞こえるかもしれませんが、ブランディングが確率している企業では当然です。
しかし中小企業においては、これがうまくできているとは言い難いのが現状です。
自らのアプローチすべき人々が明確になってなければ、いくらマーケティングプロセスを最適化していてもあまり意味がありません。本記事はマーケティングツールを参照しました。

Lascia un commento